15世紀のスペイン。イザベル女王の娘、フアナは16歳でフランドルへ嫁ぐ。ハプスブルク家の貴公子フェリペにひと目で魅了されたフアナは、フェリペを狂信的に愛するようになる。その頃、イザベル女王が崩御した。フアナが王位を継ぐと、フェリペの側近たちはフアナを狂女に仕立て、権力を奪おうとする。しかしフアナは、決して女王の座を譲ることはなかった。やがて、フェリペが病に倒れた。フアナは愛する夫の死を認めず、その亡骸とともにスペインの荒野を彷徨い続けたのだった…。
監督・脚本:ヴィセンテ・アランダ

出演:ピラール・ロペス・デ・アジャラ/ダニエレ・リオッティ/マニュエラ・アーキュリ/エロイ・アソリン/ロサナ・パストール /ジュリアーノ・ジェンマ

製作:エンリケ・セレッソ
撮影:パコ・フェメニア
美術:ホセップ・ロセル
衣装:ハビエル・アルチニャノ
配給:角川大映映画

2001年/スペイン/117分/カラー/シネマスコープ/Dolby SRD
9/3(金)〜9/5(日)の金・土・日のみ上映
上映時間:11:30〜 16:35〜 (めざめと入替で2回上映予定)