■2003年ベルリン国際映画祭正式出品作品

(原題:ZHOU YU'S TRAIN)
監督・製作・脚本:スン・チョウ

出演:コン・リー
    レオン・カーファイ/スン・ホンレイ

脚本:ベイ・チュン
撮影:ワン・ユー
美術:スン・リー
音楽:梅林茂
配給:日本ヘラルド映画

2002年/中国/93分
「たまゆら」とは古文にでてくる言葉で、「かすか」「しばらく」といった意味があるらしい。そんな、そこはかとない面影を漂わせる女性を、中国映画界の名女優・コン・リーが熱演している。相手役は「頼りがいがないヤサ男」を演じたら中華圏一ともいえるレオン・カーファイで、ここでもピッタリと生活力のない詩人を好演。障害があってこそ燃える恋愛がある。
自分の手が届きにくいところにあるから好きになるのか、それとも身近にある幸せで満足できるのか。恋愛の渦中にいると、人はなかなか自分が見えない。主人公チョウユウの心を冷静に見ていたのは、2人の男の方だったのかもしれない。
上 映 期 間 3/12(金)〜3/14(日) 第1回 第2回 第3回 第4回
たまゆらの女 12:30〜 14:30〜 16:30〜 18:30〜
前売券1300円、当日券1700円 *金・土・日の限定上映です  (入替なし)


関連リンク
日本公式サイト
東京国際映画祭
minipara