それは、聴くだけで涙があふれる不思議な歌声でした。




1949年フランスの片田舎。貧しい親元を離れて寄宿学校で暮らす子供たち。誰も会いに来てくれない面会日、帰る家のない夏休み。悲しい目をした子供たちを校長先生は厳しくしばりつけていた。そんなある日、1人の音楽の先生がやってきた。先生は、さびしさをいたずらで紛らわす彼らを叱るかわりに、歌を教えてくれた。

歌うことで希望と無邪気な笑い声を取り戻す子供たち。その中に“奇跡の歌声をもつ少年”ピエールがいた。 だが彼は学校一の問題児だった…。 美しくも切ない歌声の子供たちと、彼らの心を柔らかく抱きしめてくれた本物の先生との出会いに、世界中が感動の涙と拍手を送りました。
子供時代の思い出は、後に大きな意味を持つようになります。無意味なことは一つもありません。音楽や歌はその頃を美しく鮮やかに蘇らせてくれます。どうかこの映画を通して思い出してください。あの無心で一生懸命だった日々を…。 ジャック・ペラン

文部科学省特別選定 
2004年フランス動員記録1位樹立(870万人動員) 
アカデミー賞 外国語映画賞、歌曲賞ノミネート 
ゴールデン・グローブ賞 外国語映画部門ノミネート
セザール賞 8部門(作品賞・監督賞・主演男優賞・助演男優賞・音楽賞・主題歌賞・新人監督賞・美術賞)ノミネート

上映時間:12:45〜 14:50〜 16:55〜 19:00〜
監督・脚本・音楽 クリストフ・バラティエ
出 演 ジェラール・ジュニョ/フランソワ・ベルレアン/ジャン=バティスト・モニエ/ジャック・ペラン/カド・メラッド /マリー・ビュネル/ジャン=ポール・ボネール/グレゴリー・ガティニョル/キャロル・ヴェイス/マクサンス・ペラン
制 作 ジャック・ペラン/アーサー・コーン/ニコラ・モヴェルネ
撮 影 カルロ・ヴァリーニ(AFC)/ドミニック・ジョンティ(AFC)
美 術 フランソワ・ショヴォー
合唱団 サン・マルク少年少女合唱団
衣 装 フランソワーズ・ゲガン
配 給 日本ヘラルド映画
2004年/フランス/1時間37分