韓国映画を楽しむ為のおすすめサイトです。 韓国スター・ドラマ情報 韓国情報発信基地

第1週 7/22〜7/26

A:氷雨 B:ピアノを弾く大統領 C:天国からの手紙
22日(金) A:11:00〜
氷雨
B:13:30〜
ピアノを弾く大統領
C:16:00〜
天国からの手紙
A:18:30〜
氷雨
23日(土)
24日(日)
25日(月)
26日(火)

『氷雨』原題:氷雨

出 演 ソン・スンホン<秋の童話><夏の香り>/ キム・ハヌル同い年の家庭教師』『リメンバー・ミー』/ イ・ソンジェ『美術館の隣の動物園』『ほえる犬は噛まな い』
監 督 キム・ウンスク
製 作 Koo & フィルム
製 作 ク・ボナン『二重スパイ』
脚 本 パク・ミヨン『エンジェル・スノー』、キム・ウンスク、ソ・ジヨン
撮 影 ユン・ホンシク『TUBE』
照 明 チョン・ヨンミン『ピアノを弾く大統領』『火山高』

アラスカの雪山を舞台に壮大なスケールで描く愛と涙の賛歌。

<秋の童話>で日本中の女性たちの心を掴みながらも、徴兵のために芸能活動休止を余儀なくされた人気俳優ソン・スンホンが、初恋を貫く男を熱演。ドラマで見せるクールな表情に加え、命がけの登山に挑むスンホンの男っぽい魅力も見どころのひとつ。約5億円の巨額な製作費をかけた、韓国初の本格的山岳映画として注目を集めた。雄大なアラスカ山脈を舞台に、危険な状況に挑戦する若者たちの愛と勇気をミステリータッチで描いた感動作。撮影は、カナダと韓国の智異山で8ヶ月に渡って行われた。『ほえる犬は噛まない』のイ・ソンジェの大人の魅力も見どころ。

■ストーリー
ウソン(ソン・スンホン)は、尊敬する先輩ジュンヒョン(イ・ソンジェ)と彼の仲間たちと、アラスカ・アシアク登山に参加する。しかし、途中で一行を猛吹雪が襲い、仲間とはぐれたふたりは氷の洞窟に避難した。脚を痛めて身動きの取れなくなった先輩ジュンヒョンを気遣うウソン。ジュンヒョンは、朦朧とした意識のなかで今なお忘れることのできない、かつて愛した女性の記憶を語りはじめる。しかしその女性こそは、ウソンが幼い頃から想いを寄せていた友人ギョンミン(キム・ハヌル)だった。

韓国公開:2004年1月16日/105分/日本語字幕:大塚毅彦
上映日程はこちら

『ピアノを弾く大統領』原題:ピアノを弾く大統領

出 演 チェ・ジウ『誰にでも秘密がある』<冬のソナタ> /アン・ソンギ『シルミド/SILMIDO』『MUSA―武士―』 /イム・スジョン『箪笥』
監督・脚本 チョン・マンベ
製 作 シネ・ウィル/チェ・ジンス
脚 色 クァク・ジェヨン『僕の彼女を紹介します』
撮 影 ピョン・ヒソン『ワイルド・カード』
照 明 チョン・ヨンミン『氷雨』
美 術 オ・ジェウォン『浮気家族』
●2003年第26回黄金撮影賞人気女優賞(チェ・ジウ)受賞作品
●第16回東京国際映画祭協賛企画  コリアン・シネマ・ウィーク2003上映作品

<冬のソナタ>のチェ・ジウが、大統領と恋に落ちる気の強い女性教師を
キュートに演じたロマンティック・ラブ・コメディ。

メロドラマの女王チェ・ジウと韓国の国民的俳優アン・ソンギの共演、監督は著名な喜劇作家チョン・マンベ、そして、大ヒット作『猟奇的な彼女』の監督クァク・ジェヨンが脚色を担当する、“韓国版シンデレラ・ストーリー”と早くから注目を集めた話題作。本作でチェ・ジウは熱血ゆえにいくつもの学校をクビになっているトラブル・メーカーの女性教師を演じ、コミカルでキュートな一面を披露している。大統領役のアン・ソンギは、ピアノを弾くシーンのために3ヶ月間大特訓を受けた。『箪笥』の姉役で注目された期待の若手女優イム・スジョンが、大統領の娘を演じている。
■ストーリー
高校教師のウンス(チェ・ジウ)は、赴任先の女子高で問題児ヨンヒ(イム・スジョン)と対立し、親を呼び出すことに。だが、現れたのはなんと韓国大統領、ハン・ミヌク(アン・ソンギ)だった!娘の問題で度々大統領に会うようになったウンスは、彼の誠実な人柄に惹かれていく。ハン大統領にとっても、ウンスと過ごす時間は多忙な日常を離れて心やすらぐひとときだった。護衛のSPを撒いて夜の街に繰り出すふたり。だが、そんなふたりの関係がマスコミの知るところとなり…。
韓国公開:2002年12月6日/93分/日本語字幕:大塚毅彦

『天国からの手紙』 原題:火星に行った男

出 演 シン・ハギュン『マイ・ブラザー』『JSA』<ナイスガイ> キム・ヒソン『アウトライブ〜飛天舞』<グッバイ・マイ・ラブ>
監 督 キム・ジョングォン『リメンバー・ミー』
脚 本 チャン・ジン
撮 影 イ・ソギョン
音 楽 イ・ジェジン

他界した父親は火星に行ったのだと信じているソヒは、父に宛てた手紙を火星に出し続けていた。そんな彼女に思いを寄せる幼馴染のスンジェは、父親の代わりとなってこっそり返事を書いていたが、やがてソヒはソウルの叔母の元に引き取られていった。それから幾年かが過ぎ、郵便配達人になったスンジェは、大企業に就職し、美しく洗練された女性に成長したソヒと再会する…。

初恋の女性への想いを心に秘めた青年、都会で幸せを探す彼女・・・ 号泣の純愛物語。
『リメンバー・ミー』で時空を越えた愛のファンタジーを描いたキム・ジョングォン監督が、ダムの底に沈む運命の村を舞台に描く純愛物語。美人女優キム・ヒソンと演技派俳優シン・ハギュンがみせる切ない愛は、韓フェスで最も号泣できるオススメ作品。

■ストーリー
幼い頃ソヒ(キム・ヒソン)は、「火星へ行く」と言い残して亡くなった父の言葉を信じていた。少年スンジェ(シン・ハギュン)はソヒのために“火星”にいる父を装い手紙を書き続けるが、ソヒはソウルへと引っ越していく。17年後、郵便配達人となったスンジェは美しい娘に成長したソヒに再会するが…。

韓国公開:2003年5月15日/106分/日本語字幕:大塚毅彦

第2週 7/29〜8/2

A:同い年の家庭教師 B:ファースト・キス C:オー! ブラザーズ
29日(金) A:11:00〜
同い年の家庭教師
B:13:30〜
ファースト・キス
C:16:00〜
オー! ブラザーズ
A:18:30〜
同い年の家庭教師
30日(土)
31日(日)
1日(月)
2日(火)
※特別興行のため、8/1(月)のファーストデー割引はございません。

『同い年の家庭教師』原題:同い年の家庭教師

出 演 クォン・サンウ『火山高』<天国の階段> /キム・ハヌル『リメンバー・ミー』<ハッピートゥギャザー> /コン・ユ「Sダイアリー」 /キム・ジウ
監 督 キム・ギョンヒョン
製 作 コリア・エンタテイメント 製作:イ・カンボク、イ・ソヨル
原 作 チェ・スワン
脚 本 パク・ヨンソン『彼女を信じないでください』
撮 影 チ・ギルン「黄山ヶ原」
編 集 コ・インピョ『箪笥』
照 明 ハン・ギオプ『春夏秋冬そして春』
美 術 キム・ヒョノク『オオカミの誘惑』『悪い男』
●2003年第40回大鐘賞/新人男優賞
●2003年第39回 百想芸術大賞/新人男子演技賞
●2003年第26回黄金撮影賞/新人監督賞

注目度ナンバーワン! クォン・サンウ主演。『殺人の追憶』に次いで2003年韓国 興行成績第2位、
ラブ・ムービー史上『猟奇的な彼女』に次ぐ520万人動員の大ヒット!

TVドラマ<天国の階段>で絶大な人気を誇る韓流スター、クォン・サンウ主演の大ヒット映画。クールな瞳と女性ファンが愛してやまない鍛えられた肉体を堪能できる“韓フェス イチ押し作品”。「高校5年生、21歳にしていまだ高校生」という役柄は、『火山高』で映画デビューし、“最も制服の似合うスター”と呼ばれるクォン・サンウならでは。原作は『猟奇的な彼女』と同じくインターネットに連載されていたエピソードで、脚本家出身のキム・ギョンヒ監督の手により究極のコメディ映画に仕上がった。清純なイメージの役柄が多かったキム・ハヌルのはじけた演技も見どころ。

■ストーリー
気の短さゆえ、家庭教師のアルバイト最短記録を更新中の女子大生スワン(キム・ハヌル)。しかし彼女の母親は、「家庭教師で大学の授業料を稼げ!」と容赦ない。そこで、母親の友人の息子ジフン(クォン・サンウ)の家庭教師をすることになったのだが、相手は只者ではなかった! 喧嘩を繰り返し、成績は最低。おまけに、高校を3回も留年しているためスワンとは同じ年だった。タバコをふかしながら乱暴なクチをきく彼にキレる寸前。だが、授業料のことを考えると辞めるわけにはいかない。かくして授業がはじまったが・・・。

韓国公開:2003年5月15日/106分/日本語字幕:大塚毅彦

『ファースト・キス』原題:キスしましょうか

出 演 アン・ジェウク<グッバイ・マイ・ラブ><星に願いを> /チェ・ジウ『ピアノを弾く大統領』<冬のソナタ> /イ・ギョンヨン『ホワイト・バッジ』 /ユ・ヘジョン<ランラン18歳>
監 督 キム・テギュン『火山高』『オオカミの誘惑』
脚 本 パク・チョンウ『ラスト・プレゼント』『ジェイル・ブレーカー』
製 作 チョン・テウォン『誰にでも秘密がある』『菊花の香り〜世界でいちばん愛された人』
撮 影 シン・オッキョン『風のファイター』
音 楽 カン・ホジョン『イエスタデイ 沈黙の刻印』
照 明 キム・ガンイル『祝祭』

アン・ジェウク&チェ・ジウ〜韓流ドラマ界2大スター競演! 最強のロマンティック・ラブ・コメディ。

中国、香港、台湾で“韓流”といえばアン・ジェウクの存在が大きい。ドラマ<星に願いを>でブームを巻き起こした彼と、日本の“韓流”の代表格チェ・ジウ。愛の表現にとまどう男女のじれったさ、胸の痛み・・・ロマンティック・コメディの生命線が主演俳優たちの魅力であるとすれば、この二人の組み合わせは最強のものであろう。奥手で気が強い女性記者とプレイボーイのカメラマンというドラマチックな設定で贈る、ほほえましくて幸せな気持ちになるロマンティック・ラブ・コメディ。製作は『誰にでも秘密がある』のチョン・テウォン、監督は『オオカミの誘惑』のキム・テギュンというヒット・メーカーが名をつらねる。<チャングムの誓い>のイ・ヨンエとチャン・ドンゴンのミュージカル場面も必見!

■ストーリー
芸能誌女性記者ヨナ(チェ・ジウ)は27歳になっても、まだキスを一度もしたことがないオクテな女性。今度こそは万全の心構えで恋人とのキスを実現しようとするヨナだが、彼の口から出たのは、「別れよう」という衝撃の告白だった…。傷心のヨナは、職場でプレイボーイのカメラマン、ギョンヒョン(アン・ジェウク)と仕事をすることになる。失恋の傷も癒えず、ギョンヒョンの軽率な態度にも耐えられず、ヨナは辞表を提出するが・・・。

韓国公開:1998年10月3日/105分/日本語字幕:根本理恵

『オー! ブラザーズ』原題:オー! ブラザーズ

出 演 イ・ジョンジェ『イルマーレ』<砂時計> オ・ボング/イ・ボムス『シングルス』 /イ・ムンシク『人生の逆転』『ライターをつけろ』 ホ・ギテ/リュ・スンス『大統領の理髪師』<冬のソナタ>
監督・脚本 キム・ヨンファ 製作:KMカルチャー
製 作 パン・ムスン『品行ゼロ』
撮 影 パク・ヒョンチョル『ロスト・メモリーズ』
照 明 イ・ソッカン『人生の逆転』
音 楽 キム・ドギュン
美 術 パク・イリョン『春の日は過ぎ行く』
『イルマーレ』『オーバー・ザ・レインボー』など、物静かで真面目なイメージの二枚目スター、イ・ジョンジェがコメディに挑戦し、クールで“壊れた”演技で新たなる魅力を発揮。ジョンジェ演じるサンウの異母兄弟で、老化が早く進んでしまうという病気にかかった12歳の少年役を演じるのは、個性派俳優のイ・ボムス。見た目はオジサン、中身は純真な子どもという弟役ボムスとのやり取りは抱腹絶倒モノ!兄弟愛を描き、韓国で350万人を動員した大ヒット作。監督と脚本を務めたキム・ヨンファ自身が本作公開後に今まで行方不明であった異母兄弟と再会できたという感動のエピソードがある。

■ストーリー
不倫現場の写真を撮り、恐喝まがいの仕事をしているカメラマン、オ・サンウ(イ・ジョンジェ)のもとに、母を捨てて別の女に走った父親が死んだという知らせが届いた。父の新しい妻が行方不明のため、借金までも背負うことになってしまったサンウは、施設で暮らす12歳の異母兄弟ボング(イ・ボムス)に会いに行くが、現れたのは…オッサン臭い風貌の少年だった。だが、父親の残した借金を始末するには、ボングの母親を探し出さなければならない。仕方なく、弟を引き取り同居を始めることになるが…。

韓国公開:2003年9月5日/110分/日本語字幕:根本理恵

第3週 8/05〜8/09

A:誰が俺を狂わせるか B:人生の逆転 C:コースト・ガード
5日(金) A:11:00〜
誰が俺を狂わせるか
B:13:30〜
人生の逆転
C:16:00〜
コースト・ガード
A:18:30〜
誰が俺を狂わせるか
6日(土)
7日(日)
8日(月)
9日(火)
『誰が俺を狂わせるか』原題:誰が俺を狂わせるか
出 演 イ・ビョンホン『誰にでも秘密がある』『純愛中毒』 /チェ・ジンシル<星に願いを>
監 督 ク・イムソ
脚 本 ヒョン・ナムソプ/ク・イムソ
製 作 芸映プロダクション/パク・チャンフン
撮 影 チョン・グァンソク「初恋死守決起大会」『ジェイル・ブレーカー』
音 楽 ソン・ジェイル
照 明 シン・ハクソン
美 術 チュ・ユンサム オ・サンマン
●1995年第6回春史映画芸術賞 男子新人演技賞(イ・ビョンホン)

イ・ビョンホン映画主演デビュー作。仕事も恋も苦手… 情けないけど憎めない
不器用な男の生き様を描いた青春コメディ。

当時、TVドラマ界で青春トップ・スターとして人気を得ていたイ・ビョンホンが25歳にして映画俳優の道を歩み始めた記念すべきスクリーン主演デビュー作。当時、韓国で最も人気を集めていた女優チェ・ジンシルを相手役に、屈折した文学青年を演じ、これまでの爽やかな青年像とは180度違った姿をみせた。眼鏡姿で仕事も恋もうまくいかない不器用な男の生き様を、軽快なテンポで描いたコメディ。コミカルな演技と真面目で一途な眼差し…今や、アジアを代表するトップ・スターに上りつめたイ・ビョンホンの初々しい演技は必見!

■ストーリー
作家を志しているジョンドゥ(イ・ビョンホン)は、文学賞に応募するが6回も落選。恋人ジュヨン(チェ・ジンシル)は彼の無能さに呆れるばかりだ。ジョンドゥはふられることを恐れ、ジュヨンとの結婚のために作家の夢を諦めて、製薬会社の営業職に就く。ある日、会社の異動でジュヨンはジョンドゥの働く部署に彼の上司として異動してくる。同僚はジュヨンの有能ぶりに感銘を受ける一方、ジョンドゥは無能の烙印を押される始末。危機に陥ったジョンドゥは、軍隊の訓練でライフル銃を持った途端、何かがはじけた。ジョンドゥが銃を片手に向かった先は…?

『人生の逆転』原題:逆転に生きる
出 演 キム・スンウ『イエスタデイ 沈黙の刻印』<新貴公子><ホテリアー> /ハ・ジウォン『神父授業』『ボイス』<バリでの出来事> /カン・ソンジン『ライターをつけろ』 /コ・ホギョン『クワイエット・ファミリー』 /イム・チャンジョン『セックス イズ ゼロ』
監督・脚本 パク・ヨンウン
製 作 エーワン・シネマ 製作:イ・チャンセ、チェ・ガリョン、イ・クンソン
撮 影 キム・ドンチョン『コックリさん』『ジェイル・ブレーカー』
音 楽 イ・スンヒ「ただあなたが女だという理由だけで」
照 明 ソン・ジェソク『セックス イズ ゼロ』
美 術 チョ・ソンウォン『コックリさん』『ジェイル・ブレーカー』

2005年はキム・スンウにハマる! 冴えない証券マンがプロ・ゴルファーに!?
韓国ドラマ界キング&クイーンが贈るドラマチック・逆転人生ムービー。

人気ドラマ<ホテリアー>で人気急上昇俳優キム・スンウ主演作。日本ではドラマを通じて、多くの女性ファンを獲得しているキム・スンウだが、映画主演作も数多く、特にコメディ演技はピカイチ。若手人気ナンバーワン女優ハ・ジウォンを迎え、人生をリセットしたいという誰もが夢見る欲望をファンタジックかつハートフルに描いている。「ボーン・トゥ・キル」などの脚本をてがけたパク・ヨンウンの監督デビュー作で、人生の転換に憧れる庶民の夢を描いたと高い評価を受けた。
■ストーリー
“幼い頃はゴルフの神童、大人になったらタダの人”となって冴えない会社員生活を送るスンワン(キム・スンウ)。破産寸前で人生の崖っぷちを彷徨うスンワンは、ある日、車でトンネルを暴走中に自分とよく似た男とすれ違い、壁に激突――!目覚めたスンワンはこれまでの世界と何かが違っていることに気づく。街の看板にはプロ・ゴルファーとして成功したスンワンが広告のモデルとして登場していたり、独身のはずのスンワンに“妻”と名乗る女性ジヨン(ハ・ジウォン)が現れたり・・・。突如、富と名誉を手にし“逆転”の人生を送るスンワンだったが・・・。
韓国公開:2003年6月13日/109分/日本語字幕:根本理恵
『コースト・ガード』原題:海岸線
出 演 チャン・ドンゴン『ブラザーフッド』<イヴのすべて> キム・ジョンハク「公共の敵」『氷雨』 ミヨン/パク・チア チョルグ/ユ・ヘジン『氷雨』
監督・脚本 キム・ギドク『悪い男』『春夏秋冬そして春
製 作 LJフィルム 製作:イ・スンジェ『悪い男』『春夏秋冬そして春
撮 影 ペク・ドンヒョン『春夏秋冬そして春
音 楽 チャン・ヨンギュ『反則王』『4人の食卓
照 明 ハン・ギオプ『同い年の家庭教師』『春夏秋冬そして春
美 術 ユン・ジュフン『ブラザーフッド』
●2002年第7回釜山国際映画祭オープニング作品
●2003年第38回カルロヴィヴァリ国際映画祭国際評論協会賞ほか 2部門受賞
●第36回シッチェス国際映画祭 Gran Angular部門

『ブラザーフッド』のチャン・ドンゴンと奇才キム・ギドク監督・・・世界が認める才能が結集!
南北軍事境界線、民間人をスパイと誤認し、射殺してしまったある兵士の悲劇。

南北軍事境界線に近い海岸を警備中、民間人を北のスパイと誤認して射殺してしまうことから始まる、ある兵士の悲しみを緊迫感と狂気に満ちたタッチで描いた心理サスペンス。『ロスト・メモリーズ』の次回作として、チャン・ドンゴンが選択したのは低予算ながらも海外映画祭では高い評価を得てきたキム・ギドク監督作品。独特な映像感覚で“韓国映画界の異端児”と言われてきたキム監督の作品に俳優としてトップスターの地位を確立したチャン・ドンゴンが自ら出演を志願し、破格の安いギャラで出演し大きな話題を呼んだ。本作はキム監督自身が5年間海兵隊で過ごした経験をもとに、朝鮮半島の現在を生きる人々の現実と葛藤を生々しく描いた作品である。キム監督は本作のインタビューで「チャン・ドンゴンはスターとは思えないほど、謙虚で知れば知るほど素晴らしい人物」と賞賛の声を惜しまなかった。撮影は全羅北道扶安郡ウェドの海岸で行われた。

■ストーリー
徴兵され海兵隊員として軍事境界線に近い海岸に服務するカン上等兵(チャン・ドンゴン)。ある夜、深い闇の中で人影を発見、北の工作員が潜入したと思い射殺するが、それは酒に酔って情事を楽しむカップルの一人だった・・・。

韓国公開:2002年11月22日/96分/日本語版字幕:大塚毅彦
 7/22(金)〜8/9(火) 金・土・日・月・火限定 3週上映します。 
上映時間一覧はこちら
(1回券)入場料金 前売券1300円 売り切れました
(3回券)入場料金 前売券3600円 限定100枚 売り切れました
当日券1700円