あなたを、いまでも愛しい。
人を愛すると世界が変わってしまうのです。
孤独だったトニーが、出会った最愛の人。
大切な人を失う"切なさ”と、人を愛する”喜び”。
トニー滝谷の名前は、本当にトニー滝谷でした。ジャズマンだった父親がつけてくれた名前です。でも、彼はひとりの女性が好きで好きでたまらなくなってしまったのです。彼が、やっと出会えた最愛の人。まるで世界が変わってしまったようでした。でも、幸福は、あっという間に彼の手をすり抜けて、失われてしまいます。そして、思い出の数々さえも・・・。でも、トニーは最愛の妻が死んだ後、彼女が遺した服を見て、涙を流した女性の後ろ姿、妻にそっくりなその若い女性のことを、忘れる事が出来ませんでした・・・『トニー滝谷』は、愛する人を失う切なさとひとを愛する喜びがいっぱい詰まった映画です。
宮沢リエに魅了される
まるでガラス細工のような名演で、壊れやすいA子の心模様を見事に演じている。洋服を着るために生まれてきたような着こなしの上手の演技と、洋服にも注目して頂きたい。映画制作段階で、市川準監督が一番頭を悩ませたのが、洋服とスタイリストを探す事だった。主演の宮沢りえさんの意見も随分入れて、何度も衣装合わせなどし撮影されました。
女性の方は、必見です。
坂本龍一の静謐で美しい音楽
音楽には、坂本龍一がピアノを基調にした静謐で美しいサウンド・トラックで参加。
イッセー尾形、宮沢リエ、西島秀俊・・・。市川監督、念願のキャスト。
主演のトニー滝谷の父、省三郎の二役を、その舞台が国内だけでなく海外でも高い評価を受けているイッセー尾形。また、トニーが愛する二人の女性を、数々の映画や舞台を経て、その美しさと演技力によってヨン・ファン監督『華の愛 遊園驚夢』で、2001年モスクワ国際映画祭最優秀女優賞を受賞、『たそがれ清兵衛』や『父と暮らせば』などの活躍が光宮沢りえが、一人二役で演じています。ナレーションには北野武監督『Dolls ドールズ』に主演し、いま最も注目さる俳優である西島秀俊が参加。日本が世界に誇るキャスト、スタッフが集結して、映画の中を吹き渡っていく”風”とともに『トニー滝谷』の透明感あふれる世界を作り出しています。
■第57回ロカルノ国際映画祭[審査員特別賞、国際批評家連盟賞、ヤング審査員賞]トリプル受賞
上映時間:12:00〜 13:45〜 15:30〜 17:15〜 19:00〜
監督・脚本 市川準
出 演 イッセー尾形/宮沢りえ/篠原孝文/四方堂亘/谷田川さほ /小山田サユリ/山本浩司/塩谷恵子/猫田直/木野花
原 作 村上春樹「トニー滝谷」(文藝春秋『レキシントンの幽霊』所収)より
制 作 橋本直樹/米澤桂子
撮 影 広川泰士
照 明 中須岳志
美 術 市田喜一
音 楽 坂本龍一
配 給 東京テアトル株式会社
2004/日本/75分