〜追悼上映 テオ・アンゲロプロス特集〜
人生の旅路! 国境での出来事! 人々の生きた証を美しく記録した名匠の代表作を上映
テオ・アンゲロプロス…ギリシャ・アテネ出身の映画監督。長回し、360度バン、曇天での撮影の徹底など、独自のスタイルを貫いた。
 2012年1月24日、「20世紀三部作」の第三部撮影中にアテネ郊外のトンネル内でオートバイにはねられ死亡。
 享年76歳。
 
《上映日/5月2日(水)〜6日(日)》
「永遠と一日」 
詩人で作家の主人公アレクサンドレの人生最後の一日の心の旅を全編に情感がほとばしる映像美でつづり、
愛の回復を告げるラストシーンで圧倒的な感動を呼んだ、98年カンヌ映画祭パルムドール大賞受賞作。
撮影 ヨルゴス・アルヴァニティス アンドレアス・シナノス
音楽 エレニ・カラインドルー
出演 ブルーノ・ガンツ イザベル・ルノー アキレアス・スケヴィス
 
●1日1回 13:40〜16:00 (本編2時間14分)
「霧の中の風景」
12才の少女と5才の弟が国境を知らない旅に出発した。見たこともない父を探し求めてアテネから
ドイツへ風景をつき進む、痛切に美しい傑作。
撮影 ヨルゴス・アルヴァニティス
音楽 エレニ・カラインドルー
出演 タニア・パライオログウ ミカリス・ゼーケ ストラトス・ジョルジョグロウ
 
●1日1回 16:30〜18:40 (本編2時間5分)
〜追悼上映 テオ・アンゲロプロス特集〜 
《上映日/5月11日(金)〜13日(日)》
「エレニの旅」
1919年から1949年にいたる激動のギリシャ史のうねりの中で、時代に翻弄されながらも一途な愛で生き抜く
エレニ。母へのオマージュとして、女性を主人公とした叙事詩映画の傑作。
撮影 アンドレアス・シナノス
音楽 エレニ・カラインドルー
出演 アレクサンドラ・アイディニ ニコス・ブルサニディス ヨルゴス・アルメニス
 
●1日2回 @11:30〜14:30 A18:00〜21:00(本編2時間50分)
「シテール島への船出」
美と愛と悦楽の理想郷シテール。主人公のイマジネーションの世界と映画の現実の世界が二重にスタートし、
過去のギリシャと現在のギリシャが一瞬一瞬を共有しながら互いに照射しあう未曾有のドラマ。
撮影 ヨルゴス・アルヴァニティス
音楽 エレニ・カラインドルー
出演 マノス・カトラキス ジュリオ・ブロージ ドーラ・ヴァラナキ
 
●1日1回 15:00〜17:30 (本編2時間20分)
 〜追悼上映 テオ・アンゲロプロス特集〜
《上映日/5月18日(金)〜20日(日)》
「旅芸人の記録」
神話の人物たちが現代ギリシャの旅芸人になって蘇り、ギリシャの町、海、村、山を巡業しながら
1939年から1952年までの14年間の歴史をたぐいまれな詩の力でスクリーンに記録してゆく壮大な現代悲劇。
撮影 ヨルゴス・アルヴァニティス
音楽 エレニ・カラインドルー
出演 タニア・パライオログウ ミカリス・ゼーケ ストラトス・ジョルジョグロウ
 
●1日2回 @13:30〜17:35 A18:00〜22:05(本編3時間52分)
途中休憩5分
「こうのとり、たちずさんで」
河と湖の北ギリシアでTVリポーターが追う失踪した政治家。愛のわたり鳥こうのとりが翔び、
無言の人々の胸をうつ旅が始まる。国境を超える愛を叙情で詩うアンゲロプロスの黙示録。
撮影 ヨルゴス・アルヴァニティス アンドレアス・シナノス
音楽 エレニ・カラインドルー
出演 マルチェロ・マストロヤンニ ジャンヌ・モロー
 
●1日1回 10:30〜13:00 (本編2時間22分)
 
 
 
 
 Copyright © 2003 Theater Playtown. All rights reserved.